腸内フローラ

便から健康の答えが見えてくる

便には悪玉菌が生成した腐敗産物が多く含まれています。アンモニアやインドール、スカトール、アミンなどの物質がその代表です。こうした腐敗物質の多い便はにおいもひどく、便秘や下痢、肌荒れ、場合によっては発がんのや老化など体に様々な害を及ぼすことが分かっています。もちろん便の中にはビフィズス菌のような善玉菌も混じっています。


生き方の結果が現れる
腸内細菌の約20%は善玉菌であるので、便も同じようなものだと言うことが言えます。

関連ページ

便の状態を把握する5つのポイント
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。