腸内フローラ

抗生物質を摂りすぎると

抗生物質を服用すると腸内フローラのバランスが崩れ、善玉菌の菌数が減り、悪玉菌や日和見菌が増えると言うことです。これは、「菌交代症」と呼ばれ、抗生物質に負けない耐性菌が出現したりする場合もあります。こうした菌が病原菌であれば重篤な感染症を引き起こすほか、免疫力が落ちていると他の組織・器官へ菌が侵入し「日和見感染」を起こすこともある。
薬を安易に使いすぎることは、腸内フローラに悪影響を及ぼし、新たな病気を作り出す原因にもなるため、使用は最小限に抑えるべきでしょう。乳酸菌生産物質(P168)を併用し、腸内の善玉菌の増殖に努めると副作用や菌交代症は起こりにくくなる。善玉菌は免疫活性にも効果的なので、体調を崩した時にはまずこうした製剤で腸をケアするとスムーズに回復が図られるでしょう。

関連ページ

プレバイオベーシックスの2つの特徴
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維が腸内フローラに与える影響
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維の種類と多様な働きを検証する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維で病気はどこまで防げるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
大腸がんのリスクは軽減できるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖はなぜ腸内フローラを改善するのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖研究はいかにして始まったか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
機能性食品研究の推移
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
バイオジェニックス(体全体の様々な機能活性)と免疫活性
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
バイオジェニックスと生理活性物質
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康長寿を実現させる秘訣とは
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。