腸内フローラ

バイオジェニックスと生理活性物質

  • 生理活性ペプチド・・・体内で神経伝達物質やホルモン、成長因子、サイトカインなどとして働くペプチド(アミノ酸の結合体)の総称で、脳神経の活性、血圧の調整、糖や脂質の代謝の促進などに役立てられている。
  • 植物フラボノイド・・・植物に含まれる色素成分の総称。赤ワインに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボン、お茶に含まれるカテキンなどもこの植物フラボノイドの一種として知られ、活性酸素を除去する優れた抗酸化作用をはじめ、免疫活性作用、抗菌作用、抗ガン作用などが確認されている。
  • DHA・EPA・・・DHAはドコサヘキサアエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸の略称。魚介類に含まれる必須脂肪酸の一種で、細胞膜を構成する主要成分の1つとして知られるほか、DHAは脳・神経細胞の活性に、EPAは血液中のコレステロール値の改善にも寄与する。
  • レシチン・・・卵黄や大豆などに含まれる脂質の一種で、こちらも細胞膜を構成する主要成分として細胞への栄養素の運搬や老廃物の排泄を助けるほか、血中コレステロールの改善にも寄与する
  • キチン・キトサン・・・カニやエビの功らに含まれる食物繊維の一種で、腸内の老廃物を排出させるキレート効果をはじめ、食べ物に含まれるコレステロールの吸収を抑える働きが知られている(p140)
  • CPP・・・カゼインホスホペプチドの略称で、牛乳に含まれるたんぱく質(カゼイン)を酵素分解することによって生成される。カルシウムが腸でリン酸と結びつくのを防ぐため、カルシウム吸収を高める効果が期待される。

関連ページ

プレバイオベーシックスの2つの特徴
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維が腸内フローラに与える影響
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維の種類と多様な働きを検証する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維で病気はどこまで防げるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
大腸がんのリスクは軽減できるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖はなぜ腸内フローラを改善するのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖研究はいかにして始まったか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
機能性食品研究の推移
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
バイオジェニックス(体全体の様々な機能活性)と免疫活性
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康長寿を実現させる秘訣とは
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
抗生物質を摂りすぎると
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。