腸内フローラ

食物繊維の種類と多様な働きを検証する

食物繊維には「不溶性食物繊維」

「水溶性食物繊維」

プレバイオティクスの効果という点では、この不溶性食物繊維が重要な役割を担っている。セルロース、ヘミセルロース、リグニン、イヌリン。


血糖値の上昇を抑える効果も
水溶性食物繊維は、摂取すると腸内の水分に溶けてゲル状になるため、栄養素の吸収を緩やかにする効果がある。一緒に摂取した糖質がゆっくり吸収されるため血糖値の急激な上昇が抑制できるほか、腸内のコレステロールや胆汁酸に吸着してその吸収を抑える効果も期待できる。

食物繊維不足のもう一つの原因

小麦や米のような穀物の場合、精製して食べやすくすることで食物繊維の多くが失われてしまう。
腸内フローラの悪化は、肉類などの動物性たんぱく質の過剰摂取に原因があるが、穀類の精製による食物繊維の損失も大きく影響している。
精製した穀類を単独で摂ることにより、血糖値の上昇もコントロールしにくく、栄養の吸収も早くなりすぎるため、肥満の原因にもなる。

関連ページ

プレバイオベーシックスの2つの特徴
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維が腸内フローラに与える影響
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維で病気はどこまで防げるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
大腸がんのリスクは軽減できるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖はなぜ腸内フローラを改善するのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖研究はいかにして始まったか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
機能性食品研究の推移
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
バイオジェニックス(体全体の様々な機能活性)と免疫活性
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
バイオジェニックスと生理活性物質
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康長寿を実現させる秘訣とは
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
抗生物質を摂りすぎると
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。