腸内フローラ

食物繊維が腸内フローラに与える影響

食物繊維の多い食生活の腸内フローラは若々しい 山梨県の上野原町ゆずり原
食物繊維の目標摂取量が男性20g以上、女性が18g以上

長寿地区の健康を支えた食事とは

長寿地区として、山梨のゆずり原、パキスタンのフンザ、南米エクアドルのビルカンバ、グルジアのコーカサス
共通しているのは「野菜や果物が非常に多く、肉類などの動物性たんぱく質が少ない食事を常食している」
野菜の中には米、麦、トーモロコシ、そば、雑穀や豆類、いも類などの根菜、海藻が多く、全体的に小食、低カロリー。
コーカサスに関しては、ヨーグルト、牛乳、バター、チーズなどの乳製品を摂取していますが肉類そのものを口にすることはあまりない。
食物繊維が多いものを日常的に摂取すると便のかさが増し、腸内の腐敗物質を一緒に体外に早く押し出す効果が期待できます。
便通が良くなることは腸内フローラが改善されているバロメーター。
欧米型食生活が世界的に広がったことで、現在では長寿地区もそう言えなくなってきている現実がある。食物線維の摂取量が相対的に減少することで、腸内フローラが悪化し、健康レベルが低下している。

関連ページ

プレバイオベーシックスの2つの特徴
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維の種類と多様な働きを検証する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
食物繊維で病気はどこまで防げるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
大腸がんのリスクは軽減できるか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖はなぜ腸内フローラを改善するのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
オリゴ糖研究はいかにして始まったか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
機能性食品研究の推移
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
バイオジェニックス(体全体の様々な機能活性)と免疫活性
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
バイオジェニックスと生理活性物質
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康長寿を実現させる秘訣とは
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
抗生物質を摂りすぎると
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。