腸内フローラ

健康食品・サプリメントをどう分類するか

その食品が体にどのように機能するか?という作用メカニズムから見た場合。
3つの分類

  1. プロバイオティクス
  2. プロバイオティクスは、「腸内フローラのバランスを整え、宿主であるヒトの健康に有利に働く生きた細菌や酵母」と定義され、具体的にはビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌などの生きた菌を含んだ食品や製剤をさします。発酵食品の多くは、プロバイオティクスに分類されると考えていいでしょう。(生きた菌)
  3. プレバイオティクス
  4. プレバイオティクスは、大腸に棲みついている善玉菌(ビフィズス菌)の増殖を促し、腸内フローラのバランスを整える難消化性の食品成分の事をいい、こちらは主に食物繊維やオリゴ糖を含んだ食品が該当します。(食品成分)  オリゴ糖とは?何

    体に対する作用の仕方は異なりますが、ともにビフィズス菌の増殖を促し、腸内フローバのバランスを整えるという点では共通しています。オリゴ糖は世の中に簡単に摂取できる製品が出回っているが、食物繊維を簡単に摂取できるバランスの良い製品がほとんどない。

  5. バイオジェニックス
  6. バイオジェニックスという新しい概念

    体全体に作用することで、腸内の免疫機能(腸管免疫)を刺激したり、コレステロール・血糖・血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりすることで、生活習慣病や老化を防止する食品。

機能性食品の作用メカニズム

プロバイオティクス、プレバイオティクスにもバイオジェニックス的な働きが見られるほか、生体を活性化させるという意味では、生理活性ペプチド、植物フラボノイド、DHA,EPA,キチン、キトサン、レシチンなど、二つのカテゴリーに含まれない機能性食品の多くがここに含まれるとかんがえていいかもしれません。プロバイオティクスは生きた菌や酵母が対象ですが、実際には「生菌、死菌にかぎらず腸内フローラに好影響を与える」ことが分かってきたため、新たな概念のバイオジェニックスが必要になってきた。

関連ページ

「機能性食品」とは何か
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
発酵乳・乳酸菌飲料は何故体にいいのか?
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
ヨーグルトの歴史をたどると
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
プロバイオティクス研究史
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラを改善するヨーグルトの摂り方とは?
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。