腸内フローラ

「機能性食品」とは何か

機能性食品は、定義が曖昧だった健康食品・サプリメントの類を正しく評価するために用いられれるようになった言葉で、公には「保険機能食品」と呼ばれ


@特定保健用食品
A栄養機能食品に分けられる

 

@特定保健用食品は、「食後の血糖値の上昇を緩やかにする」「おなかの調子を整える」「カルシウム等の吸収を助ける」「歯の健康維持に役立つ」といった、体の生理機能に対し特定の効果が確認されている食品のことを指す。国の認証が必要となります。しかし、その中にも多くの添加物が入っています。トクホは、ヒトを対象にした試験でその保険機能が科学的に有効であることが確認されていることが第一条件で、国の審査を経て承認された食品には「特保マーク」の表示が許されます。
A栄養機能食品は、食生活で不足しがちな栄養成分の補給を目的にした機能性食品で、いわゆるサプリメントのことを指します。そのサプリメントに含まれる成分が国の定めた規格基準を満たしていれば、製造元の責任で「栄養機能食品」であることと、該当する成分の機能を商品に表示できるというもので、2001年に精度がスタートした。
たとえば、Aというサプリメントのカルシウムの含有量が400mgであった場合、カルシウムの規格基準が(1日210〜600mg)を満たしていれば、商品に「栄養機能食品(カルシウム)」「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です」と表示ができます。ただし、国が認めたものだからといって100%安全と言い切るものではない。
誇大表示によって消費者から苦情が寄せられることも多かった健康食品に対して一定の規格基準が定められた点は評価すべき。

関連ページ

健康食品・サプリメントをどう分類するか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
発酵乳・乳酸菌飲料は何故体にいいのか?
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
ヨーグルトの歴史をたどると
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
プロバイオティクス研究史
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラを改善するヨーグルトの摂り方とは?
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。