腸内フローラ

腸内フローラを改善するヨーグルトの摂り方とは?

プロバイオティクスという概念に収まりきらないヨーグルトの効果について述べてきましたが、注意してほしいのは「ヨーグルトさえ食べていれば健康になれる」わけではないということです。腸内フローラのバランスを整える基本は、「善玉菌であるビフィズス菌を増やし、悪玉菌である大腸菌やウエルシュ菌の増殖を抑える」事にあるわけですから、毎日の食生活をこの方針で改善していくことが何よりも大切です。腸にやさしい食事を心がけたうえでヨーグルトを効果的に摂取すれば、健康効果が得られやすくなるでしょう。
ヨーグルトの摂取する量

食物繊維を多く含んだサプリメントとヨーグルトを一緒にとる。
無糖・無脂肪のプレーンヨーグルトを最低200mlが基本。200mlならば、20億個(腸内に有用な菌、ビフィズス菌、乳酸菌)
200mlヨーグルト+食物繊維サプリメント+植物性プロテイン50g+ビタミン・ミネラル
良質なたんぱく質と多くの天然食物繊維を加えビタミンやミネラルなどの摂取高める。
腸内フローラの改善は食生活全体で考えることが第一です。

関連ページ

「機能性食品」とは何か
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康食品・サプリメントをどう分類するか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
発酵乳・乳酸菌飲料は何故体にいいのか?
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
ヨーグルトの歴史をたどると
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
プロバイオティクス研究史
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。