腸内フローラ

発酵乳・乳酸菌飲料は何故体にいいのか?

発酵乳は、牛乳などの乳類に乳酸菌や酵母などを作用させた発酵食品で、日本では乳酸菌から作ったヨーグルトがおなじみです。

乳酸菌飲料はこの発酵乳をベースにして作られた飲料で、日本で独自に生み出されたものです。糖液で薄めて飲みやすくしている分、無脂乳固形分(牛乳から水と乳脂肪を除いた栄養素)の割合は発酵乳よりも少なくなりますが、菌や酵母が含まれている点は変わりありません。ただ、その含まれている菌の数や状態によっていくつかの種類に分類されています。
このうち発酵乳(ヨーグルト)と菌・酵母数でそん色がないものは「乳酸品乳酸菌飲料」とよばれ、そのなかに生菌を使用したものと死菌を使用したものとがあります。前者はヤクルト、後者はカルピスです。どちらも同じように腸に作用します。

関連ページ

「機能性食品」とは何か
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康食品・サプリメントをどう分類するか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
ヨーグルトの歴史をたどると
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
プロバイオティクス研究史
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラを改善するヨーグルトの摂り方とは?
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。