腸内フローラ

健康を左右する腸内細菌のバランス

1、ヒトの健康維持には、生涯にわたりビフィズス菌が優勢菌であることが重要である。
2、ヒトの腸内細菌のなかでは、同じ悪玉菌でもビフィズス菌のほうが乳酸桿菌よりも数が多く、重要な働きをしている。

腸内環境を整えるための食事によりビフィズス菌優位にすると全身の健康機能が向上する

発酵と腐敗の違いは何か

乳酸菌の働きとしてよく知られているのが、他のカビや酵母などの微生物とともに食べ物を分解し、味わいや栄養価を倍加させたり、保存性を高めたりする「発酵」という作用です。ヨーグルトなどの発酵乳、チーズ、味噌や醤油、酢、ぬか漬け、キムチなどがあり、ヒトの健康に寄与してきました。
乳酸菌の仲間が食品を発酵させるのは、食べ物に含まれる糖を分解し、別の成分に変えてしまうから。注意したいのは、食べ物の腐敗も発酵と良くにており、発酵が糖の分解によるのに対し、腐敗はたんぱく質の分解により起こります。腐敗は、人にとって有害なアンモニア、アミン、インドール、スカトールなどの腐敗物質の生成につながる。

関連ページ

何故腸内細菌が重要なのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
悪玉菌が体に害を及ぼす理由
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
日和見菌にも大事な役割がある
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内細菌は年齢によって変化する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラの個性はどう生じるのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。