腸内フローラ

腸内フローラの個性はどう生じるのか

その人が摂っている食事の内容や日頃のストレス、健康状態、生活環境などが大きく関わり、同年代の人でもビフィズス菌が非常に多い人もいれば、少ない人もいる。
肉類の過剰な摂取が悪玉菌を増やす原因になるケースが多い。

 

自衛隊のレンジャー部隊で働く青年たちの腸内フローラを調べると、訓練を受ける前は健康的な腸内フローラが、2週間訓練後は老人と変わらない悪玉菌優位に変化した。

 

大腸がん患者(44例)、胃がん患者(39例)、健常人(54例)、病気の種類によって腸内フローラの内容が大きく異なることが確認出来る

関連ページ

何故腸内細菌が重要なのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
悪玉菌が体に害を及ぼす理由
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
日和見菌にも大事な役割がある
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内細菌は年齢によって変化する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康を左右する腸内細菌のバランス
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。