腸内フローラ

腸内細菌は年齢によって変化する

腸内細菌の割合が年齢によって変化する
善玉菌であるビフィズス菌は赤ちゃんの時が最も多く、離乳を経て減少しますが、成年期以降もなお優勢を維持したまま横ばいが続き、多くの人は中年期から老年期にかけて徐々に減少していく傾向にあります。
かたや大腸菌などの悪玉菌は、出生直後に最も多く繁殖しますが、すぐに激減し、離乳以降はそのまま横ばいが続きます。健康を害していない限り、その数は善玉菌=ビフィズス菌を上回ることはありません。悪玉菌の割合が多くなるのは中年期以降で、老年期に入るとビフィズス菌の総数を逆転するケースも出てきます。中年期以降に腸内細菌を整えなければならない必然性がこうしたデータからも読み取れます。個人差はありますが、ストレス過多の生活を続けている場合、まだ若くても食事の改善だけでは体調管理が難しいこともでてきます。
「機能性食品」の開発に取り組むのも、中年期以降の腸内フローラの変化が背景にあるからです。

赤ちゃんと大人の腸内フローラの違い

赤ちゃんの腸内でビフィズス菌が優勢になるもう一つの理由は、母乳にビフィズス菌の増殖を促す物質(ビフィズス因子)が含まれているからだと考えられます。人工乳よりも母乳で育った乳児の腸内細菌では、悪玉菌があまり繁殖しない傾向にあります。

 

腸内細菌は宿主であるヒトと共生することを前提にしているため、本来、生存に不利になる悪玉菌はつねに少数派です。健康状態が崩れることで悪玉菌が繁殖するという異常事態が発生することになるのです。

関連ページ

何故腸内細菌が重要なのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
悪玉菌が体に害を及ぼす理由
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
日和見菌にも大事な役割がある
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラの個性はどう生じるのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康を左右する腸内細菌のバランス
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。