腸内フローラ

日和見菌にも大事な役割がある

どっちつかずの菌のほうが大多数であり、バクテロイデスやユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌、クロストリジウムなどの嫌気性細菌がこれに該当します。悪玉菌が繁殖すると悪玉菌になびき、減ると大人しくなる傾向が強いからです。
これらの日和見菌は、ヒトを含めた哺乳類では離乳期以降に腸内で増殖し、それぞれが独自に腸内フローラを形成しはじめます。そして、先住していた善玉菌と拮抗し、多くの場合、数が上回るようになります。こうした過程を経て、健康な大人の腸内フローラが作られていくのです。

 

腸内フローラのバランスが崩れると。
病気やストレス、老化などによって免疫力が低下することで、本来ならば無害だった日和見菌が病原菌と化し、敗血症や腎炎、膀胱炎などが発症するケースがあります。手術などを受けると免疫力は一気に低下するため、そのスキを狙うようにして日和見菌が腸内を飛び出し、他の臓器などに侵入して感染症を引き起こすことになるのです。

 

日和見菌の特徴
1、腸内の最優勢菌として大人の腸内フローラの形成に寄与する
2、悪玉菌の繁殖とともにその動きに同調する
3、腸内フローラのバランスが崩れることで日和見感染の要因になる

関連ページ

何故腸内細菌が重要なのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
悪玉菌が体に害を及ぼす理由
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内細菌は年齢によって変化する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラの個性はどう生じるのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康を左右する腸内細菌のバランス
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。