腸内フローラ

悪玉菌が体に害を及ぼす理由

腐敗菌群(ウエルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌、緑膿菌)
こうした菌たちは、大腸菌のようにビタミンCの合成や感染症の防御にも働くこともあるため、単独で捉えた場合、一概に悪玉と
呼べない面もあります。しかし、その数が一定数を超えると腸内のたんぱく質を腐敗させて、アンモニアや硫化水素、アミン、インドール、スカトール、フェノールなど有害物質を作りだし、便秘や下痢、肌荒れなどを引き起こしたり、老化や生活習慣病を引き起こしたりする原因になります。
1、腸内のたんぱく質を腐敗させ、様々な有害物質を作り出す
2、便秘や下痢、肌荒れなどが引き起こされやすくなる
3、腸内フローラを悪化させることで、生活習慣病などの要因になる
4、加齢とともに割合が増加し、老化の原因になる
健康なヒトの腸内では悪玉菌は少数派であることや、後述するように、加齢や肉類などの動物性たんぱく質の過剰摂取によって増加することもわかってきました。こうした悪玉菌がわずかに増加するだけで腸内フローラのバランスが崩れ、腸の健康にダメージが及ぶことになるのです。
私たちの健康は、こうした悪玉菌も含めた腸内細菌の微妙なバランスの中で成り立っているということです。

関連ページ

何故腸内細菌が重要なのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
日和見菌にも大事な役割がある
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内細菌は年齢によって変化する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラの個性はどう生じるのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康を左右する腸内細菌のバランス
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。