腸内フローラ

何故腸内細菌は重要なのか

身体の中の腸内細菌の数の多さ(300〜500種類、100兆)嫌気性菌(ビフィズス菌)、大腸菌、腸球菌(通性タイプ)、(好気性菌)、腸内では嫌気性菌が圧倒的に多い。
腸の健康に欠かせない善玉菌=乳酸菌の働き
善玉菌 乳酸菌群(ビフィズス菌、乳酸桿菌(ラクトバチルス)、腸球菌)働き

  1. 病原菌が腸内に侵入するのを阻止する
  2. 悪玉菌の増殖を抑えて腸内の増殖を防ぐ
  3. 腸の運動を促して便秘を防ぐ
  4. 免疫機能を刺激して生体調整の為に働く

以上のカギは、毎日の食事とストレスケア。
ビフィズス菌が優位になるのはヒトだけで、多くの動物は乳酸桿菌のほうが圧倒的に多い。

関連ページ

悪玉菌が体に害を及ぼす理由
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
日和見菌にも大事な役割がある
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内細菌は年齢によって変化する
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
腸内フローラの個性はどう生じるのか
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。
健康を左右する腸内細菌のバランス
人の健康は腸内細菌で決まる。腸が健康であることは、体全体が健康である証拠。そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌。