腸内フローラ

腸内フローラとは

世界には、いたるところに様々な種類の菌が存在していますが、そのなかでもこうした腸内細菌はとりわけ重視されています。なぜなら、その存在のしかたによって、宿主である人間の健康が大きく左右されます。人間にとって有用な菌を「善玉菌」、逆に有害な菌を「悪玉菌」と呼ぶ、どっちつかずの多数派である「日和見菌」と合わせて、腸内ではこれらの菌たちがたえず増減しながら固有の生態系=腸内フローラを形成しています。この腸内フローラの実態について知ることが、若さや健康を維持するための一番のカギとなる。

腸内フローラとは記事一覧

何故腸内細菌が重要なのか

身体の中の腸内細菌の数の多さ(300〜500種類、100兆)嫌気性菌(ビフィズス菌)、大腸菌、腸球菌(通性タイプ)、(好気性菌)、腸内では嫌気性菌が圧倒的に多い。腸の健康に欠かせない善玉菌=乳酸菌の働き善玉菌 乳酸菌群(ビフィズス菌、乳酸桿菌(ラクトバチルス)、腸球菌)働き病原菌が腸内に侵入するのを...

≫続きを読む

悪玉菌が体に害を及ぼす理由

腐敗菌群(ウエルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌、緑膿菌)こうした菌たちは、大腸菌のようにビタミンCの合成や感染症の防御にも働くこともあるため、単独で捉えた場合、一概に悪玉と呼べない面もあります。しかし、その数が一定数を超えると腸内のたんぱく質を腐敗させて、アンモニアや硫化水素、アミン、インドール、スカト...

≫続きを読む

日和見菌にも大事な役割がある

どっちつかずの菌のほうが大多数であり、バクテロイデスやユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌、クロストリジウムなどの嫌気性細菌がこれに該当します。悪玉菌が繁殖すると悪玉菌になびき、減ると大人しくなる傾向が強いからです。これらの日和見菌は、ヒトを含めた哺乳類では離乳期以降に腸内で増殖し、それぞれが独自に腸内...

≫続きを読む

腸内細菌は年齢によって変化する

腸内細菌の割合が年齢によって変化する善玉菌であるビフィズス菌は赤ちゃんの時が最も多く、離乳を経て減少しますが、成年期以降もなお優勢を維持したまま横ばいが続き、多くの人は中年期から老年期にかけて徐々に減少していく傾向にあります。かたや大腸菌などの悪玉菌は、出生直後に最も多く繁殖しますが、すぐに激減し、...

≫続きを読む

腸内フローラの個性はどう生じるのか

その人が摂っている食事の内容や日頃のストレス、健康状態、生活環境などが大きく関わり、同年代の人でもビフィズス菌が非常に多い人もいれば、少ない人もいる。肉類の過剰な摂取が悪玉菌を増やす原因になるケースが多い。自衛隊のレンジャー部隊で働く青年たちの腸内フローラを調べると、訓練を受ける前は健康的な腸内フロ...

≫続きを読む

健康を左右する腸内細菌のバランス

1、ヒトの健康維持には、生涯にわたりビフィズス菌が優勢菌であることが重要である。2、ヒトの腸内細菌のなかでは、同じ悪玉菌でもビフィズス菌のほうが乳酸桿菌よりも数が多く、重要な働きをしている。腸内環境を整えるための食事によりビフィズス菌優位にすると全身の健康機能が向上する

≫続きを読む